日本美容薬草(Japan Beauty Herb)

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング







商品名

クリックポスト無料 受託生産フェルラ酸原液15ml

価格

4,400 円 [消費税400円込み]

在庫

残り少ない

商品説明

フェルラ酸原液 唯一無二の原料です。

フェルラ酸は、植物の細胞壁の架橋構造を作りだす必須物質であり、多くの植物体の器官に普遍的に広く分布しています。

ケイ皮酸の誘導体でリグニンを構成し、他の芳香族化合物合成の前駆体となり、他のフェノール類のように抗酸化作用を持ち、活性酸素種などのラジカルと反応します。

フェルラ酸の製法においては、バニリン等からの合成法が1935年にDutt等によって確立され、フェルラ酸の物性や性質について数多くの研究がなされてきました。

しかし合成方法が困難であったため、天然物原料由来ではコメ(米ぬか・米胚芽)由来のものが一般的で、広い分野で使用されています。

フェルラ酸は、その構造がチロシンに類似しているため、チロシンと拮抗することでメラニン生成を抑制すると考えられています。

また,有害な長波紫外線の有用性が、非常に強いということも明らかにされています。

天然植物成分で、唯一、フェルラ酸がメラニン生成を強力に抑制する作用があります。

紫外線抑制、メラニン生成の抑制作用により美白・美容作用成分として有用です。

チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用に関しては、紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユーメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。

メラノサイト内でのメラニン生合成は、まずアミノ酸であるチロシンに活性酵素であるチロシナーゼが結合し、チロシンが酸化することでドーパ、ドーパキノンへと変化し、最終的に黒化メラニンが合成されます。

このような背景から、チロシンとチロシナーゼの結合を阻害し、メラニンの変換を防止・抑制することは、色素沈着防止という点で重要であると考えられます。

フェルラ酸は、化学構造がチロシンと類似しているため、チロシンと拮抗する(チロシンの代わりにチロシナーゼと結合する)ことでチロシンとチロシナーゼの結合を阻害することが報告されており、色素沈着抑制作用が認められています。

こんな方に:敏感・乾燥・美白・保湿・抗シワ・抗ニキビ・抗シミ・毛穴の開きやキメの粗い方・外部からの保護作用 1日1回使用で大丈夫です。

使用方法:気になる所に1〜3滴お使い下さい。

導入美容液1〜3滴と一緒に使用すると、低分子化して、浸透が非常に良いです。

使用後は油分で保護して下さい。

注意:手持ちの化粧品と混ぜないようにして下さい。

商品名:フェルラ酸原液  99.9%紫外線抑制

NET:15ml 定価:フリープライス(税別) 

全成分:水・BG(植物由来)・フェルラ酸

保存:常温で保管して3ヶ月を目安にお使い下さい。 区分:化粧品原料 生産製造:日本

化粧品原料の為、法律・法規上お肌・身体の表記・表示は法律・法規違反になりますので控えさせていただきます。

効果・効能はネット等でお調べ下さいませ。

当社販売の化粧品原料は、お使いになった方の結果がすべてになります。

お使いになる方の肌質は十人十色で、結果が変わります。

また、トラブルの方は、ストレス・食生活・日常生活・お客様が使用しているクレンジング・洗顔・化粧水・美容液・油分等で結果が変わりますので予めご了承下さい。

社会情勢により価格が変動する場合がございます。

数量 [半角数字]


商品レビュー数:0件 商品レビューを書く