日本美容薬草(Japan Beauty Herb)

キーワードを入力 
商品カテゴリ
人気ランキング







商品名

クリック有料 便秘・酒さ・炎症・慢性疾患・トラブル 高純度オリゴ糖&乳酸菌10兆菌100g

価格

1,836 円 [消費税166円込み]

在庫

残り少ない

商品説明

高純度オリゴ糖&乳酸菌10兆菌

糖の中の「オリゴ糖」は、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整える「オリゴ糖」について、特徴と機能

消化・吸収されずに大腸に到達

おなかの調子を整える多くのオリゴ糖の特徴としてまず挙げられるのが、「難消化性」ということです。

口から入った食べものは、通常は唾液や胃液などの消化酵素によって分解されて消化・吸収されますが、オリゴ糖は消化酵素ではほとんど分解されず、消化・吸収されないまま大腸に届きます。

このため、糖質として体のエネルギーになりにくく、摂取しても血糖値の上昇にほとんど影響しません。

オリゴ糖はビフィズス菌を増やすパートナー

大腸に届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を増やします。

ビフィズス菌は、腸内環境を整える善玉菌としてよく知られていますね。

これはなぜかというと、ビフィズス菌が増えると、ビフィズス菌が酢酸・プロピオン酸などの有機酸を生み出すためです。

この有機酸によって、腸内が弱酸性に傾き、腸内の悪玉菌の活動が抑えられ、腸のぜん動運動が活発になるので、便秘や便臭の改善につながります。

オリゴ糖は、ビフィズス菌を増やすことで「整腸作用」をもたらす"縁の下の力持ち"なのです。

ビフィズス菌が生み出す有機酸の影響はほかにもあります。

腸内が弱酸性になることでカルシウムなどのミネラルが溶けやすくなり、体内へ吸収されやすくなる「ミネラルの吸収促進作用」です。

ビフィズス菌を増やすことで、ふだんの食事からカルシウムなどの吸収率を高めることが証明されています。

オリゴ糖と砂糖と比べると...?

オリゴ糖は糖の仲間ですが、砂糖とはどんな違いがあるのでしょうか。

砂糖のカロリーは1g当たり4kcalですが、乳糖果糖オリゴ糖のカロリーは1g当たり2kcalです。

これは、ビフィズス菌が生み出す有機酸が腸内で吸収されてエネルギーになるためです。

そして、甘味の強さの指標となる「甘味度」は、砂糖を100%とした場合、乳糖果糖オリゴ糖の甘味度は約30%ですから、砂糖と比較すると、高純度オリゴ糖はカロリーも甘さも控えめと言えます。

1:お腹の調子を整える

腸内ビフィズス菌の増加

年齢、食事、体調やストレスなどにより変化しやすい「腸内菌叢(きんそう)=腸内フローラ」のバランスを改善します。

ビフィズス菌などの善玉菌を優勢に保つことができます(プレバイオティクス作用)。

2:ミネラルの吸収促進

1:ビフィズス菌が増殖すると2:短鎖脂肪酸が生成されるため、大腸内のpHが低下します。

3:その結果ミネラルの溶解性が高まり、粘膜細胞を通過しやすくなり、細胞への吸収が促進されます。

4:さらに、カルシウム(Ca)を運ぶタンパク質(CaBD9K)を増やすことにより、血中への吸収が促進されます。

カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)は血液に入って骨などの材料となります。

ミネラルの吸収促進作用

3:虫歯の原因にならない

ミュータンス菌のえさになりにくく、不溶性グルカンをほとんど生成しないので、虫歯の原因となりにくい“難う蝕性糖質”といえます。

4:免疫の改善

腸管免疫調節マーカー遺伝子の発現を亢進します。

腸内の免疫力が高まると報告されています。

5:低カロリー(難消化性)

ヒトの消化管では消化・吸収されずに大腸まで到達します。

エネルギーになりにくいのでカロリー摂取制限に役立ちます。

6:血糖値を上げない

分解されずに大腸まで到達するため、摂取後も血糖値はほとんど上昇せず、インスリン分泌への影響も認められません。

7:便臭の改善

便中腐敗物質の生成が抑制され、便臭が軽減されると報告されています。

便臭で困ることが少なくなると期待されています。

8:脂質代謝の改善

脂質代謝改善マーカー遺伝子の発現を亢進します。

血中コレステロール値が低下すると報告されています。

キシロオリゴ糖の特徴

熱や酸に非常に強く、製造工程や製品中での安定性に優れています。ビフィズス菌増殖作用があります。

フラクトオリゴ糖 8つの機能性

年齢、食事、体調やストレスなどにより変化しやすい「腸内菌叢(きんそう)=腸内フローラ」のバランスを改善します。

ビフィズス菌などの善玉菌を優勢に保つことができます(プレバイオティクス作用)。

「便通・便性状(便秘や下痢)」を改善し、お腹の調子を整える働きがあります。

ラクトスクロースは、数ある各種オリゴ糖の中でもビフィズス菌増殖作用が非常に高く、腸内環境を改善する作用に優れた難消化性オリゴ糖です。

各種オリゴ糖の中でも、摂りすぎても下痢しにくい、安全域の広いオリゴ糖です。

リラックス、安心感、幸福感などをもたらし、別名「幸せホルモン※」とも呼ばれています。

体内にあるセロトニンの割合は、約90%が腸、約8%が血液中、そして脳内に存在するのはわずか約2%。

この約2%の脳のセロトニンのモトから吸収されます。

一般的な愛称として「幸せホルモン」と呼ばれています。

セレトニンは腸で90%以上が作られるので、腸内環境が悪いと、自律神経失調症・うつ病・不安症など精神面で悪化する。

病気の6割以上腸内環境が悪い原因です。

ご存じです?美容面でも、腸内環境が悪いとシワ・シミ等トラブルが発生!

プレバイオティクスは, 結腸内の有用菌の増殖を促進し, あるいは, 有害菌の増殖を抑制することによって宿主の健康に有利に作用する難消化性食品成分で,フラクトオリゴ糖,ガラクトオリゴ糖, キシロオリゴ糖, ラクトスクロースなどの難消化性オリゴ糖がこれに含まれる。

商品名:高純度オリゴ糖&乳酸菌10兆菌

使用量:1日3g〜を摂取して下さい。

使用方法:飲み物・ヨーグルト・青汁等温かい・冷たいは、関係ございません。

腸が弱い方は温かい食べ物・飲み物に入れて下さい。

定価:フリープライス(税別) 区分:食品 生産・製造:日本

NET:100g

全成分:キシロオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・ラクトスクロース・ナノ型乳酸菌
 
*乳由来のオリゴ糖は一切使用しておりません。

栄養成分表示(100gあたり):エネルギー210kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物93.7g、食塩相当量0g

数量 [半角数字]


商品レビュー数:0件 商品レビューを書く